消費者金融系のカードローンと言えばどこ?

即日融資が利用できて、保証人や担保がなくとも高額な融資が見込めると言った特徴がある消費者金融ですが、「消費者金融系カードローンでどこがおすすめか」と聞かれれば、その回答として適切なものは「状況や人によって異なる」と言うものになってしまいます。

誰が利用する場合でも十分なメリットがあり、誰にとっても安心して利用出来るものがあれば一番良いのでしょうが、残念ながらそれほど万能な存在は今のところありません。

 

仮に100人中99人の人にとっては価値があると言う評価を受けるものだったとしても、残りの1人にとっては全く価値が感じられないものである可能性もあります。

カードローンを持つ際に重要なこと

 

一人ひとりにはそれぞれ違った状況や環境があり、それらに合わせて適切な判断をしていくことが重要です。

その他大勢にとっては非常に高い価値を持っているからと言って必ずしも自分にも当てはまるとは限らないと言うことを理解しつつ、「自分にとって最適な選択肢はどれか」「自分のおすすめカードローンは何か?」というスタンスで考えていくようにしましょう。

 

とは言え、「そもそも何を根拠に評価していけば良いのか」「評価基準をどのように判断すれば良いのか」を知らなければ、いくつ候補を挙げたところで効果的な比較検討が出来ません。

そこで、まずはこれらの考え方に関してしっかりと覚えてしまいましょう。

 

「消費者金融カードローンを評価する基準」としては、「契約難易度」「利用環境」の2点があります。

カードローンの契約難易度について

 

まず、契約難易度に関してですが、要するに「自分が申し込んだ時に契約できる可能性がどの程度あるのか」ということです。

どれだけ利用価値が高いという評価を受けているものであったとしても、自分が利用できないものであれば何の意味もありません。

 

他の人にとって魅力的なものならば自分にとっても魅力的なものである可能性は高いですが、契約出来ない限りはその魅力を享受することは不可能です。

その為、「自分が利用出来る環境におけるもっとも優先順位が高い選択肢を選ぶ」と言うことが大切になってくるので、まずはそれぞれがどの程度契約の可能性があるのかと言うことを客観的に判断していきます。

 

この時の判断基準として活用できるのは、「他の人が利用した時の結果(体験談)」です。

自分で申し込みをしてみて結果を確認すると言う方法が何よりも確実な比較要因になりますが、残念ながらカードローン契約に関しては何件も気軽に申し込みが出来るものではありません。

 

もっとも、申し込みをする件数自体には制限が無いので好きなだけ行うことが出来ますが、そうすることによって「絶対に契約出来ない状態」になってしまう可能性が非常に高くなります。

いわゆる「申し込みブラック」という状態になると、本来ならば何の問題も無く契約出来ているような状態だったとしても契約が出来なくなってしまいます。

 

この状態に陥る原因は、審査申込みを短期間に繰り返してしまうことです。

具体的に何件以上の申し込みをすると申し込みブラックになるのかという基準はありませんが、おおむね「半年以内に3件以上」の申し込みをした場合には申込みブラックになる可能性があると言われています。

つまり、おおくとも2件程度が同時申込みの条件になってくるので、その2件の中に契約できる可能性が高いものを含めることが必要です。

 

そう出来なかった場合、結果的に2件とも契約が出来なかった時には「半年程度は新たな申し込みが出来なくなってしまう」ことになるので、お金が必要な状況でカードローンを利用できなくなる恐れがあります。

カードローンの利用環境について

 

次に、「利用環境」に関しての説明です。

利用環境とは、要するに「安全安心に利用していける環境かどうか」ということです。

 

例えば、消費者金融などの貸金業者を利用してお金を借りた場合には、「返済時に元金と利息を支払う」という形になります。

100万円を借りたからと言って100万円を返済すれば完済出来ると言う訳では無く、元金である100万円に加えて「利息」を返済して初めて完済できます。

 

利息がどの程度発生するのかは「金利」で表記されていて、現在の消費者金融系カードローンの平均は17~18%ほどです。

つまり、100万円を完済するためには「1年以内に完済する場合でも約110万円以上の返済が必要になる可能性が高い」と言うことになります。

カードローンの金利は貸す側にとっては「利益の元」で意味のあるものですが、借りる側にとっては「負担を増加させる要因」でしかないので、極力支払わなくとも良い環境を作ることが大切です。

 

とは言え、利息が全く発生しない環境で利用することは出来ないので、「0.1%でも低い金利設定の商品を選択する」と言うことを意識していきます。

また、金利設定には「融資上限金額が高いほど低くなる」という特徴もあるので、可能な限り大きな融資上限を設定してもらうと言うことも大切になります。

 

その際、「他者の体験談」を参考にすることである程度の推測が出来る様になるので、そういったものを活用しながら環境を良くする工夫をしていきましょう。

Categories: 職業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です